NHKで人気のあさイチ情報サイト!体に良い話がいっぱいの人気番組のストレッチやり方動画やレシピ・メニュー・食品を掲載しています!

あさイチハック

レシピ情報

朝イチ流!ステーキの美味しい焼き方を紹介!!

投稿日:

ステーキ

ご馳走の代表選手、「ステーキ」!お店で食べるのもいいのですが、お家でゆっくりと食べるのもいいですよね。しかし、スーパーで買ってきたお肉を家で焼いた時、何だか上手くいきません。

丁寧に焼いたつもりなのに、お店で食べるようなステーキとは程遠いような・・・。やっぱり安いお肉だし調理器具も違うから、と言ってしまいたくなりますが、ちょっと待って下さい!諦めるのはまだ早いですよ!

「朝イチ」の情報によると、お家でもステーキを柔らかく焼く方法があるというのです。お家にある調理器具を使って、安いお肉でも柔らかく焼くことができるのです。一体、どうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

お肉が固くなる理由とは?

肉が固い

お店のステーキはとっても柔らかいですよね。一方、お家でステーキを焼くと、固くなってしまいます。お店のステーキとお家で焼いたステーキとの大きな違いは、お肉の固さです。ではどうして、お家でステーキを焼くとお肉は固くなるのでしょうか?

スーパーで販売しているステーキ用のお肉の厚さは1.5cm程です。この厚さのお肉をお家で焼いた場合、火の通りが早く、すぐに焼けます。1.5cm程のお肉の厚さでは、中に火が通る前に表面が焦げてしまいます。蒸し焼きや両面を焼く方法だと、あっという間に火が通り、焼き過ぎてしまうことになります。

お肉が固くなる理由は、厚さの無いお肉に火を通し過ぎているということだったのです。

スポンサーリンク

下ごしらえの筋切りもポイント!

肉 筋切り

では、お家で柔らかくて美味しいステーキを焼くための下ごしらえをしていきましょう。下ごしらえのポイントは、「筋切り」です。

小回りの利く小さめの裁縫ばさみでお肉の筋を切ります。お肉と脂の間に筋がありますので、その部分を深さ約5mm、表も裏も切っていきます。下ごしらえの筋切りはこれだけ!後は塩、コショウをすれば準備完了です。

下ごしらえの済んだお肉は、焼く直前まで冷蔵庫に入れておいて下さいね!

ステーキの美味しい焼き方はこれ!!

下ごしらえのできたお肉を、いよいよ、美味しく焼いていきます。

美味しい焼き方

まず、「すましバター」を作ります。バターを1分、レンジで温めるだけでOKです。レンジでチンしたバターは、「すましバター」と「乳しょう」とに分離します。分離した上の方がすましバターで、これでお肉を焼きます。このすましバターでお肉を焼くと焦げることがありません。残りの乳しょうはクリームシチューなどの料理に利用できます。

次に、熱したフライパンにすましバターを引き、お肉を焼いていきます。

①裏返さずに1分以上、焼き色がつくまでそのままにしておきます。
②焼き色が付けば裏返し、その時点で火を止めます。
③その後、余熱で2分程度焼きあげます。
④バターがはじけるパチパチ音が聞こえなくなれば、美味しいステーキのできあがりです!

できあがったステーキは少しだけ寝かせて、肉汁を中に閉じ込めた後、カットします。そうすることで柔らかいステーキがさらに美味しくなりますよ。

少しだけ下ごしらえに手間をかけるだけで、本格的なステーキがお家で出来るなんて、とっても嬉しいですよね。特売のお肉だって、ステーキ専門店のようなお肉に大変身です。贅沢な気分も味わえますし、ご家族とゆっくり「お家ステーキ」してみてはいかがですか?

スポンサーリンク

-レシピ情報

Copyright© あさイチハック , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.